FC2ブログ

拝啓、空の下より

Category : モバイル

シェアグループ構築。

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

充電グッズ買い揃え

増える一方のガジェット。

スマホにモバイルルータ、タブレット、デジカメにデジタル一眼。

充電が必須だが、充電手段は家庭用電源か、

リチウムイオンバッテリを使ったモバイルバッテリを使ってきた。

L-02Fの使用感。

スマホ導入時から、主にルータ運用をしてきた。

そして、最後はdtab。

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

ファブレット入手と新プランに対する回線整理。

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

JabraWAVE に手を出した。

FOMAのスライド携帯・P-02a以降、Bluetoothのヘッドセットを愛用している。

 

携帯電話のハンズフリー通話に使うため、色々研究して買い替えるのだが、

満足のいくものになかなか行き当たらない。

 

いつもAMAZONで一番安いものを買っていたが、半年、1年で使い物にならなくなる。

特にマルチポイント対応品が寿命が短い気がする。

通話中に音が途切れたり、突然接続が切れたりする。

LBT-HS320のマルチポイント実験

BLUETOOTH ヘッドセット、試行模索

Bluetooth ヘッドセット改善

20120407_020

 

モバイルキャストのハンズフリーシステム、MC3100をエクスには装着しているが、

熱に弱いらしく、特に夏場はまともに使用できない。

そればかりか、フォグ点灯やバックカメラ起動等の電源電圧変動で、

割り込みハーネスを接続しているオーディオの音声に影響が出始めた。

必然的に、ヘッドセットを常用することになる。

 

docomo Galaxy NoteⅡにメイン回線のdocomo FOMA SIMを入れ、

サブとして、IDEOSにSoftBankのみまもりSIMを入れている。

時に、au iPhone nanoSIMを挿れたHTC J Butterflyや、

docomo Xiカケホーダイ SIMを挿れたIDEOSも使うので、

マルチポイント対応のヘッドセットは必需品だった。

しかし、今のところ一番故障せずにもっているのがシングルポイントのiBuffaloの格安機種だ。

BSHSBE10、AMAZONで1281円。

Bluetooth2.1で、シンプルな構造なのがいいのかもしれない。

 

 

最近はiBuffaloのBSHSBE21を使っていた。

こいつが、電源スイッチが本体自体を押す仕組みで、

ポケットに入れておくと勝手に電源が入り、密かに発信したり、

Google検索が起動したりと、色々苦労する機種だった。

20140324_007_1

 

着信は本体を押すとフック、操作的に軽く使いやすい機種だったが。

 

もともと、デニムの左腰にベルトポーチをつけて、

スマホ2台とモバイルルータを入れているので、

ヘッドセットは空きのポケットに入れる形になる。

20140324_004



問題は知らない間に電源が入り、知らない間に発信されるという点。


 

シートベルトのバックルにあたったり、

ショルダーバックが触れるだけでボタンが押され、

勝手にGoogle検索の「ポーン」という大きな音が響く。


完全に設計ミスである。


スマホのBluetoothをいちいち切るのも面倒なので、かなりのストレスとなっていた。


 

20140324_005

 

 

BSHSBE21も、音が途切れたり、歪が出るようになってきて、

久しぶりに最新機種をリサーチしてみたら、

次第にマルチポイント対応の機種も減り、選択の余地がなくなってきた。


円安の影響もあってか、マルチポイント対応の安物でも価格帯が軒並み3,000円位に上がっていて、思案。

それならと今回、遂にJabraに手を出すことに。

前から気になっていた、異彩を放つWAVE。

wave_02

 

20140324_002

 


前回の買い換えで検討却下したが、知人が使用しているのを見て、筐体の大きさにいいイメージは抱いていなかった。


従来の所有モデルと比較して格段に大きくなったが、重さは気にならないレベル。

電源も、スライドスイッチで誤作動が少なく、

耳にフィットする理想的な形状。

20140324_006

20140324_007

 

 

20140324_003

 

耳の後ろにかける形状なのだが、とても軽く違和感がない。

カナルやインナーイヤー方式と違い、スピーカノズルを耳穴に軽く刺す形式で、

音の響きが絶妙。

2台のペアリングは瞬時、フックも押しやすい。

 

なにより、相手が自分の声を聞き取りやすいという。

しばらく、こいつでいってみよう。

Jabraはデンマークに本社をおくグローバル企業だが、また国産が1軍から退いた。早く手を出すべきだった。


携帯戦線2014参戦記

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

docomoのiphone。

夜中に目が覚め、NOTE2でSNSのタイムラインを眺めると、

遂にdocomoからiphoneがとの情報。

嘘つきまくりの日経ではなく、asahi.comからなので確かだろう。

朝6時のNHKのニュースでも速報でやっていたのでほぼ確実に。

速攻、auのiphone64GBは要らんので、近くの池に投げ込んできた。

 

そもそも、国産端末がiphoneとGalaxyに負けた理由。

docomoの陰謀で、クソ重いアプリをこれでもかと入れた結果、

フリーズが頻発して、養分様に敬遠されたのが大きい。

パケット定額の天井にこだわるdocomoが、

たかがキャリアメールやIDを使う際、ことごとく3G通信を行わせ、

WiFi運用を排除してきた結果、dメニューやSPモードメールをプリインストして、

関係するサブアプリ群でメモリの半部以上を占めたため、

端末のフリーズを招く結果となった。

 

自分で「選ばない、学ばない、実行しない」日本人の幼稚さで、

スマホの利点である自分でGOOGLEPLAYからアプリをDLできないので、

予め「おすすめアプリ」を山ほどプリインストせざるを得なく、

新しいアプリがメモリ不足で入らない、欠陥端末を山ほど出さざるをえない現実。

分からなかったらスマホ持つな。と思う。

 

せっかくスマホを買ったのに、月に9000円も払っているのに、

SNSとパズドラしかしていない、持ち腐れ現実。

そりゃ、国産腐って、発酵するわ。

なぜ、質実剛健のシンプルで快適な端末を出せなかったのか。

ユーザーの自業自得だ。

 

ましなのが、最近のソニーと富士通か。

富士通も、TEGRAにこだわっていた過去のスマホは発熱で熱暴走、

敬遠した女子たちがauのiphoneに逃げているのをわかっているだろうに。

 

さて情報では、14日予約開始。

20日一部ショップで先行販売開始、27日全国のショップ(併売量販含む)で販売開始とのこと。

様々な憶測が飛ぶiphone5Sだが、自分で買うかというと、少々微妙。

まず、SIMロック解除ができるかできないか。

iphoneは、FericaとSDHCカードが使えずなかなかAndroid使いの知人たちからは嫌われているが、

GPSと通話機能、加速度センサがついたipod touchという位置づけでは優秀な端末だと思う。

今回は128GBも出るし、クアッドコアと2GB RAMを積むのは間違いない。

icloudの汎用性を考えるとひとつ手に入れておいてもいいのではないかという感想。

ただし、電池交換の問題があるのと、保証がどうなるか。

他社並にapplecareを使うのだろうが、docomo独自の保証が効くのか?

もしSIMロック解除がdocomo他機種並に3150円でできるのであれば、

SBMのSIMを入れるSIMケースとして、手に入れるのもありかなと。

 

FOMA ガラケー保有者のiphone移行を促すために、

機種変更では優遇策をとるだろうから、

そろそろFOMAをXiに変えてもいいかなとも思ってみたりする。

 

 

それから、各社の施策がどうなるか。

これで、SBMは大打撃だろうし、auも痛手だろう。

docomoは、膨大な営業利益と内部留保金を武器に、

じわじわ他社のiphone客を取り込み、潰しにかかるだろうから、

SBMはいずれ、iphoneから撤退か。

各社、iphone合戦でAndroidにインセンティブを出さなくなるだろう。

ソニーとサムスンは終了か。

Appleのボリュームコミットメントの割合によるだろうが、

今回は、おそらくAppleが折れているような気がする。

iphoneは最初はほっといても売れるだろうし、安売りはしないだろう。

 

年度末の大安売りが来る前に、また冬モデルの保証改悪が来る前に、

なんとかAndroid機、特にNOTE2を2台手に入れたい。

NOTE3は3GB RAMと3200mAhバッテリを積む報道が流れたので興味があるが、

10月発売の冬モデルで、3年保証がなくなりそうで微妙・・・。

もし、3年保証が付けばこちらを全力で手に入れたい。

あるいは、S4を割りきって格安で手に入れ、バスタブバッテリで運用するか・・・。

 

・・・てなわけで、この年末までにAndroid機をMNPで入手する方向でいこうと思う。

願わくば、春までに高月サポ回線をもうひとつ確保したいのだが。

 

タブレットは、NEXSUS7 LTEの登場を期待していたのだが、

ipadやipad miniを売らなきゃイカンだろうし、

これで富士通とSamsungのタブレットはdocomo撤退だろうな。

dtabでも買うかぁ・・・。

 

絶対にSPモードには対応しないだろうから、

ドコモメールの運用開始を急がなきゃ。

例のごとくバグって、不通になって、総務大臣から叩かれるのだろうな。

 

春までdocomoのiphoneの話題で持ちきりだろうな。

次期 iPhone秒読み

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

HTC J Butterfly いぢり

5月に一気にauとSBMにPI完了。

SBMはみまもりケータイとフォトビジョンの入手。

これで、しばらくSBMには入らない・・・と思う。

一応、1枠だけ残してあるのだけれど。

フォトビジョンは、他で書く。(結構優れもの。)

 

auは、5月がHTL21のMNP0円ラッシュ、6月はiphone5のMNP0円ラッシュ。

結果的に、5月にdocomoの●回線を一気にau流入で、auは打ち止め。

いける時にという事情はあったけれど、iphoneはまた次の機会に。

で、早速HTL21 au HTC J ButterflyをS-OFF、カスタムROM、root化した。

米Verizon Wirelessから販売されているDROIDDNAと同じ仕様に。

GSM : 850/900/1800/1900
WCDMA : 850/2100
CDMA2000 : 800/2100
LTE : 800 Band18/1500 Band11

 

これで、au端末がdocomoやSBM SIMで使用可能に。

最も、対応バンドの関係でdocomoの広大なエリアは使い切れないのだけれど。

root化IDEOSでは味わえなかった、ハイスペックのroot端末をいじり倒す。

Titanium Backupを筆頭に、root必須アプリをこれでもか、と入れまくる。

Autostartでバッテリの持ちも十分。

Fericaも、NFCも生き残り、これにみまもりSIMを淹れる(もったいない

しばらく、こいつで遊ぶつもり。

HTC-Butterfly-8

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、快適、快適。

docomoのNOTEⅡも、Galaxy S3も持っているけれど、

互角、いやディスプレイでは勝るレスポンス。

無理してGalaxy S4を手に入れる必要がなくなった感じ。

同じ5インチクラスなのに3機種ともメーカの味付け、方向性が全く違う。

初のHTC端末に満足。

docomo、HTCをなぜ出さぬ?

リンク

プロフィール

Nakaji PC

Author:Nakaji PC
過去の旅行記も
順次更新していきます。

Twitter発信中。

@transalp_nakaji

CalendArchive

全記事表示リンク

最新記事

カテゴリ

最新コメント

QRコード

QRコード

FC2カウンター

メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter表示プラグイン

検索フォーム