拝啓、空の下より

 X-TRAIL、TRANSALPにて日本全国を巡っています。その日常記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20170216 大雪の鳥取

休日。

ふと、大雪の山陰近郊に行ってみたくなった。

防寒着とスノーシュー、撮影機材をエクスに放り込んで、

遅めの8時出発。

朝食は・・・インターチェンジ手前のマクドナルドに飛び込んで、

2017021.t.008

ドライブスルーを逆走してなんとかフィレオフィッシュとハッシュドポテトを手に入れた。

餌状態が哀しい・・・。

2017021.t.009

まぁいい。鳥取に着けば、魚三昧むふふ・・・。

と、その時は楽観していた。

 

宝塚から中国道流入。

2017021.t.010

 

神戸JCTを過ぎると次第に雪が残り、事故をちょくちょく見て走る。

2017021.t.021

2017021.t.024

 

作用JCT通過9:30。

鳥取道にとりあえず雪はない。

2017021.t.027

 

しかし、すれ違う日本交通の路線バスには50センチくらいの雪が。

状況が読めない。

2017021.t.030

しかし、標高が上がり、志戸坂峠を超えるころには圧雪に。

2017021.t.037

 

 

2017021.t.048

2017021.t.056

 

鳥取西IC流出、市内は凄い積雪。

2017021.t.060

 

見ると、靴屋の駐車場で雪かきをしている人影が。

50センチ以上積もっていて、無力状態。

一体何時間かかるんだ?てな感じ。

 

2017021.t.061

2017021.t.062

 

歩道は完全に埋まり、店舗の駐車場には車に積もった雪が小山のようになっている。

2017021.t.066

2017021.t.070

 

交差点には歩行者のための歩道橋があるが、1メートルは積もっており、

歩行者は車道を歩かざるを得ない。

2017021.t.071

2017021.t.072

 

駐車場に入れるガソリンスタンドをようやく見つけ、給油とトイレをすます。

立往生するトラックをかわし、市街地を抜けて鳥取砂丘へ。

高速流出10時半、鳥取砂丘へはいつもの3倍の1時間半がかかっている。

2017021.t.074

 

2017021.t.079

2017021.t.080

 

 

ここも、すさまじい積雪で、店舗はすべて休業、

お目当ての海鮮丼屋もどこにあるかさえわからない状態。

駐車スペースもないので、みんな道路に普通に停めている。

2017021.t.082

仕方なく、砂丘センターに入り、なんでもいいやと食料を探す。

しかし、ちくわかラッキョウしかない状態・・・。

ここにきて、手持ちの食料は尽きている。

どうしようかと、電気の消えたレストランのショーウインドウを眺めていたら、

私服の年配の男性が「食事されますか?」と声をかけてきた。

どうやら、市内から相当時間をかけて出勤してきたレストランの支配人だった。

この時、すでに12時。

 

できるのはカレーとうどん位ということで、ここぞとばかりに大盛りを頼む。

懐かしい、スプーンカバー。

古き良き時代のドライブインだ。

2017021.t.084

2017021.t.086

 

窓の外は吹雪き、ビジターセンターの駐車場はもちろん1mの積雪で入れない。

2017021.t.085

 

 

一時吹雪が収まり、青空まで顔を出した。

砂丘センターの裏手にバスが入っていくのを見つけ、

ようやく除雪している駐車スペースにエクスを停める。

2017021.t.094

2017021.t.089

2017021.t.090

関連記事

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://transalp.blog68.fc2.com/tb.php/759-343543ae

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

リンク

プロフィール

Nakaji PC

Author:Nakaji PC
過去の旅行記も
順次更新していきます。

Twitter発信中。

@transalp_nakaji

CalendArchive

全記事表示リンク

最新記事

カテゴリ

最新コメント

QRコード

QRコード

FC2カウンター

メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter表示プラグイン

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。