拝啓、空の下より

 X-TRAIL、TRANSALPにて日本全国を巡っています。その日常記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水温上昇

8月6日夜、仕事を終えて滋賀へ急ぐ車中。

京滋バイパスの宇治トンネルを抜け、緩い登りを走行中。

外気温32度位でエンジン回転数3000rpmを維持。

水温計が101℃、警告音が鳴り始めた。

 

エアコンOFF時のサブファン作動しきい値ということで、

テクトムの燃費マネージャの水温表示で警告音が出るようにしているのだが、

エアコン作動時でかつ高速走行時に101℃になったのは初めてだ。

そのままでも壊れるわけではないのだが、スローダウンして回転数を抑える運転に。

 

その日は滋賀で所要後帰阪して、再び翌日夜に滋賀へとんぼ返り。

出勤時も、名神高槻バス停付近の登りも、水温計は93℃付近で落ち着いていた。

 

滋賀での花火やら、墓参の4日間を終えて、夕刻早めに帰阪。

久しぶりに入庫、とりあえず水温の件を調べてもらう。

ファンに異常は認められず。

 

別件で気になっていたATFを調べてもらうと、

302000kmのオートマチックトランスミッション交換後、

319600kmに不具合でミッションを一度降ろしているのだが、

その際もATFは交換せず、補充しかしていないという。

?確か、交換したと言っていたよな・・・。まぁ、いいかと交換を依頼。

54000km走行、もうちょっと早めに交換したらよかった。

 

ついでに、最近違和感があるリアデフオイルも交換を依頼したら、取り寄せ扱いだという。

翌々日、再び入庫。

さらについでにフロントデフオイル、トランスファーオイル、リアデフオイルをまとめて交換してもらうことに。

占めて23000円程。

4油脂2工程なので、思ったより安く済んでよかった。

20160812_n_0007

一連の油脂類交換でシフトショックがなくなり、加速もスムーズになったような気がする。

 

 

経過観察中のフロントダストブーツの亀裂(イン、左側)

20160812_n_0001

 

 

 

リアダストブーツ内側。

今だ無交換

20160812_n_0004

 

リアダストブーツ外側。

これも無交換。

20160812_n_0003

 

車体下部のさび。

経過観察だが、そろそろクリアーでも吹かなきゃな。

20160812_n_0006

 

 

さて、酷暑を乗り切れるか?

20160812_n_0008

関連記事

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://transalp.blog68.fc2.com/tb.php/736-bf5d1c2d

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

リンク

プロフィール

Nakaji PC

Author:Nakaji PC
過去の旅行記も
順次更新していきます。

Twitter発信中。

@transalp_nakaji

CalendArchive

全記事表示リンク

最新記事

カテゴリ

最新コメント

QRコード

QRコード

FC2カウンター

メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter表示プラグイン

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。