FC2ブログ

拝啓、空の下より

 X-TRAIL、TRANSALPにて日本全国を巡っています。その日常記。

TAMRON AF18-270mm レンズ購入

ぽちってしまった。

先日の山陰旅行で、望遠レンズを初めて使ってみた。
とても美しく、迫力のある写真が撮れたが、付け替えの手間ガ大変に感じたのと、
夫婦で同時に撮れるべく2本目の望遠レンズが欲しいと思った。

以前から広角~超望遠のズームレンズを研究していた。
もともとEOS50DとKISSX2を購入する際、KISSX2はダブルレンズキットだったが、
50DにはUSMを搭載した中望遠レンズを選んでいた。
いずれ、超望遠レンズは欲しいと思っていた。


条件は、
① 手振れ補正付
② PLフィルタを使うので、絶対に花形フード、インナーフォーカスタイプ。
③ なるべく高倍率まで明るい
④ 手持ちのフィルタ類が流用できる
⑤ APS-Cで、広角側が最低18mm。望遠は出来れば200mmは欲しい。

候補は3つ。
TAMRON AF18-270mm F/3.5-6.3 Di II VC LD Aspherical [IF] MACRO
SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC OS HSM
CANON EF-S18-200mm F3.5-5.6 IS


①に関して、TAMRONは価格.COMで絶賛されていた。撮影した写真のHPも沢山あった。
 CANONは、手持ちのISレンズ3本に関して、あまり強力に効くという実感がない。
 特に、ファインダーで覗いた像を中心に捉える際に違和感があった。
 もちろん、手振れなしの画像は大量に撮れているのだけれど。

②は、CANON脱落。これは大きい。風景写真でPLフィルタは必須なので。

④は全部満たさなかったので、新しくフィルタを購入することを覚悟した。

価格的にはTAMRONが48000円、SIGMAが54000円、CANONが60000円程度。
重量は、TAMRON550g SIGMA630g CANON595g
明るさは、SIGMAよりも、TAMRONがF3.5が広い。CANONはデータなし。
TAMRONはフード付属。
CANONはEOSで周辺光量補正が自動的に効く。

結局、TAMRONに決定。
PLフィルタを装着することが前提なので、超薄型の保護フィルタも購入した。
レンズ自体は休日の午後に振り込んで、翌日夜にはもう届いた。

20091027_001.jpg



結果として花形フードだったが、超音波モータではないので、ピント部分のリングは回る。
TAMRONは初めてなので良く分からないまま注文したが、MFモードに切り替えないと
即マニュアルピント合わせが出来ない。

20091027_002.jpg



しかし、長い。

20091027_005.jpg

20091027_004.jpg


EOS50Dに取り付けてみると、質感や見た目はいい感じ。
そして、重い。

20091027_006.jpg


結婚式等で撮影する際はバッテリーグリップとフラッシュを装着するだろうから、
トータル2kgは超えているだろう。
これからの季節、寒くなってくると、バッテリーグリップは必須になるだろう。

20091027_009.jpg

20091027_010.jpg



翌々日、保護フィルタが届き、早速試撮影。
手振れ補正もクチコミ通り強力で、構図も決まる。

この半月は手持ち撮影だ。
なかなかいい感じ。
次の休みに撮影に行くことにした。

20091027_003.jpg
関連記事

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://transalp.blog68.fc2.com/tb.php/71-cb21f3be

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

リンク

プロフィール

Nakaji PC

Author:Nakaji PC
過去の旅行記も
順次更新していきます。

Twitter発信中。

@transalp_nakaji

CalendArchive

全記事表示リンク

最新記事

カテゴリ

最新コメント

QRコード

QRコード

FC2カウンター

メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter表示プラグイン

検索フォーム