拝啓、空の下より

 X-TRAIL、TRANSALPにて日本全国を巡っています。その日常記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

畑の必需品

100坪の畑を始めて早いもので5年。

省力化で化成肥料に頼っていたつけで、土がやせてきた。

大根は石灰不足か、葉が縮れて太らない。

ホウレンソウや蕪は植えても育たない。

早急に有機肥料を施す必要があった。

 

 

 

手に入れたいのは、わら、堆肥、もみがらの3点である。

わらともみがらは、稲作をやっていて、天日乾燥をしている農家の、

脱穀収穫作業の瞬間に立ち会う必要がある。

田舎でも少なくなった条件。

 

もみがらも、基本的に捨ててしまうものなので、

畑に野積みしてあるものを、交渉して、乾燥してある部分だけ剥ってもらう必要がある。

堆肥は、徳用の大袋を2~30袋、トラックで一度に運びこむ必要がある。

いずれも、5年間の忙しい日常の中で中々機会がなかった。

 

畑の周辺には、ほそぼそとだが、水田が残っている。

珍しく天日干しをするものだから、脱穀した後のわらをみんなが狙っている。

はせ木に干し始めて、十数日。

晴れが続いて、雨の直前の土曜日。

脱穀を始めたという情報を聞いて、エクスで急行。

ルーフボックスと後部荷台に満載して帰ってきた。

車内がわらのくず、埃にまみれてしまうが仕方ない。

20151031_w_001

 

 

小屋の作業場に積んで帰宅。

ここのわらは、縛ってあるのでありがたい。

20151031_w_003

 

翌朝、土のう袋に詰め直す。

20151031_w_011

 

20151031_w_012

 

 

波板を切って、スペーサを作り詰め込む。

作業場がわらの香り、布団を干したかのような太陽の香りに包まれる。

20151031_w_006 20151031_w_005

 

約100束の極上のわらのストック。

昨年度産わらも、エンドウの苗を守って半年冬の雨に打たれ、カボチャの下に敷かれて夏の炎天下を乗り切り、

1年間経ってても干せばまだ使えるので、この乾燥わらはしばらく畑で大事な道具として頑張ってくれるだろう。

20151031_w_017

 

 

一方、有機肥料として牛糞堆肥をまとめ買い。

丁度安売りの日に出くわしたので、思い切って30俵。

一袋15kg、軽箱をレンタルして2回に分けて運びこむ。

40リットルの堆肥が昨年の残りも含めて50俵。

キャンプの際の酒や燃料のように、

たくさんあると心豊かになる。

20151106_t_001

20151106_t_002

 

 

 

最後にもみがら。

蒸し焼きにすると良質の燻炭になる。

表土に敷くと乾燥防止、防草効果。

また、イネの強い忌避効果で害虫・雑草防止となる。

これが意外と大量に手に入らない。

 

キャンプオフ中止の後処理で滋賀県北部を走行中、ふと見つけたJAのライスセンター。

凄い、どこかの国の鉄鉱石採掘場みたいだ。

20151113_m_008

 

 

JAに電話して聞いてみると、いくらでもどうぞとの事だったので、

雨が降る直前の、乾燥したベストコンディションに取り放題の超幸運。

しかも、ルーフボックスは丁度空っぽ!

20151113_m_000

 

自動で、乾燥した米を脱穀、もみがらをうず高く積み上げていた。

高さ5メートル。

農家のおっちゃんも、軽トラで乗り付け、荷台一杯に積んで帰っていった。

だれでも取り放題の感じ。

20151113_m_001

 

少々蟻がいるが、乾燥した良質のもみがら。

20151113_m_007

 

 

急遽、100均でゴミ袋を仕入れてきて、45リットル×9袋GET!

20151113_m_002

 

 

強雨の高速道路、

虫ともみがらを車内に入れずに運搬するためには、ルーフボックスは最高に便利である。

20151113_m_010

 

載りきらなかった5袋だけ、荷台に完全密封で積む。

20151113_m_012

 

帰宅途中、SNOWPEAKの修理品を引き取りに寄り、

その後深夜の畑で小屋に搬入。

20151113_m_013

 

 

使おうと思えば、100坪全部に敷き詰められるくらいの量を確保。

某ライスセンターに足を運べば、いくらでももらえるのだろうが、

乾燥した新しい状態で大量というのは、11月のこの時期だけだろう。

大切に使っていきたい。

20151113_m_014

関連記事

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://transalp.blog68.fc2.com/tb.php/709-d03b2cb9

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

リンク

プロフィール

Nakaji PC

Author:Nakaji PC
過去の旅行記も
順次更新していきます。

Twitter発信中。

@transalp_nakaji

CalendArchive

全記事表示リンク

最新記事

カテゴリ

最新コメント

QRコード

QRコード

FC2カウンター

メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter表示プラグイン

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。