拝啓、空の下より

 X-TRAIL、TRANSALPにて日本全国を巡っています。その日常記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

燃費マネージャその後

燃費マネージャを取り付けてほぼ1ヶ月。

テクトム 燃費マネージャ FCM-NX1

20150508_tn_008

 

 

いまどきのクルマは、普通に燃費計が付いているし、

数知れず代車で過ごす際は、燃費計に目が行っていたが、

愛車で燃費がわかると、気になるんだな。

意識して、低燃費走行をとるようになった。

 

最初は、ハンドルポストの上につけていたが、

試行錯誤の末、センターメータの上に。

20150508_tn_001

 

 

GWで空いている通勤時、最高12.9㍑/kmまで値が伸びたが、

若干の渋滞にハマっている間に元の木阿弥、10㍑/km程度となりそうだ。

 

OBDから情報を取得するので、燃料噴射量とパルス信号から算出した燃費、

実走行の満タン法とかなり違うだろうとは思っていた。

距離と補正係数は1度入力しただけなので、不正確ではあるが、

平均燃費はほぼ満タン法での値と同じになった。

テクトム、恐るべし。

20150508_tn_004

 

 

わかったこと。

・エアコンOFF時、渋滞時、外気温23℃、水温計は90℃付近、時には100℃まで上昇。

・エアコンOFF時、走行時、外気温23℃、水温計は90℃付近、長い下り坂では86℃付近。

・高速走行時、クルーズコントロールを作動させると、瞬間燃費が5㍑/km程低下する。

状況によるのだろうが、自分でアクセルコントロールを行うほうが燃費が良い。

燃料噴射量をノーマル、エコで試してみたが、エコだと悪化する。

ノーマルのほうが、噴射量が多いので速度低下が少なく、燃料の噴射頻度が下がる感じだった。

これは、今後検証。

PIVOT 3-drive・AC 取り付け

思うのは、メーターカウル内の水温計は、まったく動かないこと。

しばらく、水温計から目が離せない日々が続きそうである。

真夏はどうなるのだろう?

20150508_tn_005

関連記事

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://transalp.blog68.fc2.com/tb.php/667-80135fd5

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

リンク

プロフィール

Nakaji PC

Author:Nakaji PC
過去の旅行記も
順次更新していきます。

Twitter発信中。

@transalp_nakaji

CalendArchive

全記事表示リンク

最新記事

カテゴリ

最新コメント

QRコード

QRコード

FC2カウンター

メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter表示プラグイン

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。