拝啓、空の下より

 X-TRAIL、TRANSALPにて日本全国を巡っています。その日常記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三洋電機・eneloop

4年前の秋の三瓶キャンプ。
キャンプの度に、決して安くないアルカリ電池を買い込んでいたが、
蛍光灯や電池ランタンに初めて単3型ニッケル水素充電地を使ってみた。
結果は散々。

気温が10度くらいになると、急激に電圧が下がり、使い物にならない。
放電しきったのかと再び充電をすると今から思えばメモリー効果。
次回使用時にすぐに使えなくなる。
結局持って行った充電池をほとんど活用できず、そのまま持って帰ってきた。

帰宅して勉強。

当時のニッケル水素単3充電池は、低温に耐えることが出来、継ぎ足し充電が出来る種類が少なかった。
メモリー効果で使えなくなった充電池は、微電流の放電を繰り返すことで元の容量に復活することも分かった。

充電池に最も精通しているのは、以外にもラジコンマニアだった。
彼らは放電器なるものを携帯し、頻繁に充電池を放電→充電→放電と、容量が最高の状態になるよう、電池を「鍛えて」いた。

電池マニアのサイトから、放電器なるものを入手、メモリー効果の出た充電地を復活させた。


20091006_020.jpg

その後、三洋電機とPanasonicから、低温に耐えメモリ効果も無く、
長期間保存の利く新しい世代の充電池が発売、電池の標準となっていった。


いまや、我が家の単3電池は順次このニッケル水素単3充電池に入れ替えている。
充電地を使っている家電製品を改めて数えてみたら、
テレビやHDDレコーダ等のリモコンが8つ、時計も8つ。
懐中電灯に無線マウス、カメラの予備やフラッシュ、無線機まで。
生活が単3・単4電池に支配されていた。



オークションで三洋・eneloopを新たに24本入手。
手持ちが50本を超えたeneloop。

20091006_003.jpg



デザインも美しいが欠点は重さ。
軽いアルカリ電池の3倍くらいはある。
価格は丁度倍位か。

20091006_005.jpg


アルカリ電池をぼちぼち捨てていかなきゃ。
アルカリ電池は長期間使用しないと、液漏れが怖いので、
大切な機器には使用しないことにしている。充電完了のランプを見ながらニヤニヤする私に、嫁はこう告げる。
「電池マニアさん、充電終わったよ」 (爆
関連記事

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://transalp.blog68.fc2.com/tb.php/66-f7d30e3b

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

リンク

プロフィール

Nakaji PC

Author:Nakaji PC
過去の旅行記も
順次更新していきます。

Twitter発信中。

@transalp_nakaji

CalendArchive

全記事表示リンク

最新記事

カテゴリ

最新コメント

QRコード

QRコード

FC2カウンター

メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter表示プラグイン

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。