FC2ブログ

拝啓、空の下より

 X-TRAIL、TRANSALPにて日本全国を巡っています。その日常記。

Canon バッテリグリップ BG-E2Nの修理

EOS50Dにつけているバッテリグリップ、BG-E2N。

EOSハンドストラップ加工自作

 

リチウムイオン充電池が2個入り、

寒冷地での連続撮影時などには心強い武器となっていた。

20141101_b_031

 

特に、暖房器具が弱かった、ふもとっぱらでのキャンプ。

早朝、日の出を撮影するときなど、

前夜から寝袋に入れておいた充電池がすぐにアウトになるので、

とっかえひっかえ交換するときなど、重宝した。

さらに、容量は少ないが、eneloop等の単3電池も使え、

いよいよバッテリ切れの際などは安心だ。

20141101_b_033

20141101_b_032

 

この春、暖かくなって不要になり、

外す際に締め付けダイヤルが動かなくなる故障が発生した。

検索すると、内部のプラスチック製のダイヤルが欠けているそうで、

キャノン純正品ではよくあるトラブルだそうだ。

修理見積もりは9000円。

AMAZONで売っている、中国製のコピー商品が約6000円。

こちらにはリモコン機能もあるが、ハズレに当たると電源が突然落ちるようで、

修理か中国製に買い替えか迷っていた。

 

最後までダイヤルが回らず、電源すら起動しない。

20141101_b_023

 

隙間が。

20141101_b_027

 

 

そろそろ冬キャンプという11月、

2日間のキャンプの予定が空いたので、

ここぞとばかりに押入れのキャンプ道具を引っ張りだし、

冬モノと春秋モノの入れ替えをした。

ふと、バッテリグリップの事を思い出し、

今からキヤノンに出しても時間が掛かるし、試しに自分で修理してみようと。

20141101_b_001

 

分解開始。

ネジがこまい!

20141101_b_002

 

20141101_b_003

20141101_b_005

 

問題の締め付けダイヤルを取り外す。

何故回らんのだ?

20141101_b_007

20141101_b_014

 

 

よーく見ると、内側の歯車が2箇所程欠けていた。

かけた破片が歯車に噛み、動かなくなっていた。

樹脂と金属の歯車を組み合わせているので、樹脂が破損するのだろう。

負荷試験をやっていない、ずさんな設計だ。

さらに、このBG-E2Nは、旧機種のBG-E2に比べ、

防塵機能が加えられているとのこと。

恐らく、ゴミが噛みこんで負荷がかかり破損したのだろうから、

防塵機能もまったくのでたらめであろう。

20141101_b_012

 

ごくごく小さな破片が4つ。

20141101_b_019

20141101_b_020

 

元通りに組み付けると、最後まで締め付けることが出来た!

測距点も、AEロックも正常に。

20141101_b_027

20141101_b_030

20141101_b_028

 

仕組みはわかったので、今後再び歯がかけても修理は可能だ。

それ以前に、20000円もする製品の、お粗末さ。

関連記事

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://transalp.blog68.fc2.com/tb.php/624-2985d1c2

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

リンク

プロフィール

Nakaji PC

Author:Nakaji PC
過去の旅行記も
順次更新していきます。

Twitter発信中。

@transalp_nakaji

CalendArchive

全記事表示リンク

最新記事

カテゴリ

最新コメント

QRコード

QRコード

FC2カウンター

メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter表示プラグイン

検索フォーム