拝啓、空の下より

 X-TRAIL、TRANSALPにて日本全国を巡っています。その日常記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャンプ用品を漁る。

ポチるのに忙しい。

いや、別にポチらなくてもいいんやけどと、財務大臣から言われそうだが。

まず、タープ用品。

この秋の数回のキャンプで痛感したのが、ペグの重要性。

特に、台風前後の津谷では強風でプラペグが折れて、

改めて金属製のペグを信頼した。

手持ちの30cmのソリッドステイクはこつこつ買い足して16本。

レクタタープでは各ポールをそれぞれ2本の張綱で固定しているので、

6×2本で12本。

20140920_085

20140920_063

 

これに、シートや寝袋の干場を5mのタイダウンベルトを2本使って常に作っているので、

2×2本のソリステが必要で、

通常、持参したほとんどを使い切っている。

さらに、干場を補強する目的で、中間部分にポールと張り綱を追加すると、

残りのソリステが出払う。

20141014_t_204

 

津谷のような林間サイトでは、

砂地ではソリッドステイクが手で抜けるほどに

やわい地面も見受けられるので、

プラペグを2本打ちするなど試行錯誤していたが、

ソリステの40cmを手に入れることにした。

 

テレビで紹介されて以来、スノピ製品はオークションで値段が下がらないので、

某店で1割引きで入手。

50cmも置いてあったので、どのような用途か社長に聞くと、

犬のリード用だと。なるほど。

以前、雪峰祭の限定品で出ていたなぁ。

20141024_s_001

 

これで、3種揃い、ランステのスカート用までは足らないけど、

概ねソリステで運用できる目処が付いた。

20141024_s_003

40cm×4本

30cm×16本

20cm×34本(?)

6750g、合計定価、税込み20000円超え。

ペグに7kg、2万て、アホか。

20141024_s_002

追記。

さらに40cmを8本入手。

 

そして、ポール。

レクタのメインポールにウイングポール240cmを2本、

たまたまヤフオクで70cmの先端部3本、ゴム底なしの末端部3本を手に入れ、

末端部を中央部となるよう、継ぎ目のラチェット用の穴を開けて加工した。

入れ替えて使うにせよ、これだと280cm×2本がつくれない。

丁度、出物の210cmを手に入れた。

60cmの3本つぎだ。

20141024_s_006

20141024_s_007

 

 

従来

△ 60 60 60      (240)

△ 60 60 60       (240)

▲ 70 70 70       (280)

▲                       (70)

▲                       (70)

(△:60cm先端 ▲:70cm先端)

 

これから

▲ 70 70 70 (280)

▲ 70 70 60 (270)

△ 60 60 60 (240)

▲ 60  60         (210)

△   (60)

▲ (70)

これが可能となった。

現実的なのは、

▲ 70 60 60 (260)

▲ 70 60 60 (260)

△ 60 70 (190)

△ 60  70          (190)

▲ 70   (140)

▲ (70)

あと、70cmが1本あれば、

レクタタープの6本全てをウイングポールにできる。

出物を探そうっと。

 

 

▲ 70 70 70 70 70 60 60 60 60 60 60 (780)

こんなことも可能だ(爆

栗のイガ落としに活躍しそう。

 

 

そしてランタンだ。

eneloopが使えるGENTOS EX-777XPを2台、

リモコンが使えるEX-700RCを1台体制でキャンプしてきた。

280ルーメン72時間点灯は、2泊程度のキャンプでは必要十分で、

この傑作ランタンの普及は、日本のキャンプシーンの革命だったと思う。

 

しかし、虫が多い初夏など、虫を引き寄せるメインランタンはこれらでは光量不足で、

ガスランタンを持参することもあった。

今春、GENTOSが新製品を発売し、

暖色系+白色系のミックスで大光量ランタンを実現したので、

ぽちる機会を伺っていた。

600ルーメンのSOL016Bも検討したが、

単1×6本は重量やコストの関係で難しいと思い、

530ルーメン、単1×3本のSOL13Cに落ち着いた。

20141026_s_001

カタチが三角に、スイッチの押すパターンが変更。

P2210523

 

圧倒的に明るい!

暖色系LEDのみモードもあるので、

電池節約時には有効だ。

P2210525

 

これに伴い、ニッケル水素単3と単4も追加ぽち。

まぁ、これらは劣化しつつある初代eneloopの

代替という目的もあるのだけれど。

20141025_a_001

色々比較したが、2代目だったかな?

eneloopのOEMということで安心感があるAMAZON製に落ち着いた。

安いし。

 

単3×3本→単1のスペーサも数を揃えた。

ランタンと一緒にJoshinWebで大人買いしたら、

在庫が足りないと断ってきた(爆

 

Joshinの、とある店舗でしか売っていないので、

結局、必要数は揃わなかったが、

4台のランタンの必要数と予備の分を、単3を入れたままで携行できる。

20141024_s_004

20141024_s_005

 

 

防寒対策。

欲しかったeneloopウエストウォーマ。

廃盤なので、中古と展示品のM、Lサイズを。

在庫処分時に手に入れれば、

大サイズのeneloopモバブとセットで1500円程度だったのだが。

ま、仕方ない。

強烈に熱くはならないが、結構温かい。

ダウンベストと併用してスノーシューに活用できそうだ。

20141023_w_001

20141023_w_002

 

んで、湯たんぽ。

昨年、カインズの小サイズをキャップのリコールで返品して以来、

平和堂で購入した安物をだましだまし使ってきたが、

直火OKのトタンを検討していたら、純銅製の出物を見つけた。

ま、使いにくかったらオクればいいし。

20141023_w_003

さすが純銅製。

朝まで冷めないし、質感は抜群。

2.5リットルの大きさがネックだなぁ。

 

週末、友人と初冬の琵琶湖でキャンプする。

道具のみなさん、活躍してください!

ぽち。

関連記事

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://transalp.blog68.fc2.com/tb.php/617-3ed9127f

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

リンク

プロフィール

Nakaji PC

Author:Nakaji PC
過去の旅行記も
順次更新していきます。

Twitter発信中。

@transalp_nakaji

CalendArchive

全記事表示リンク

最新記事

カテゴリ

最新コメント

QRコード

QRコード

FC2カウンター

メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter表示プラグイン

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。