FC2ブログ

拝啓、空の下より

 X-TRAIL、TRANSALPにて日本全国を巡っています。その日常記。

スマートホン 車載ホルダ考

スマホにして1年がたった。

必要なときに、すぐ使えないと意味がない。

当初は、ありったけの機器をクルマにすえつけた。

 

20120504_1_1_1_001

 

問題は、ホルダ。

ホルダ自体の固定が簡単で、ぐらつかず・・・が理想。

スマホ自体も、ワンタッチで脱着できるのがいい。

輸入品でもいいが、安価でワンクリック入手が理想。

 

初期に購入した、ツインホルダ。

ひとつの吸盤台座で2つのスマホを固定できるというもの。

アームが邪魔、フレキシブルアームが中途半端に動く。

極めつけは、すぐに落ちる(爆

すぐにお蔵入りで貴重な画像。

20110325_1_1_001

 

REGZA PHONE T-01C

Aピラーにすえつけ、電話用に。

たまにナビ上に固定、航空俯瞰画像。

20110401_1_1_017

20110424_1_1_003

 

 

ホルダは、Aピラー付近はNOKIAのCR-115を装着していた。

今ではAMAZONで1800円で購入できるが、

当初は怪しい香港の業者CELLULERからカード払いで8ドル程度で購入。

 

過去、こいつ以上に優れたホルダを見たことがない。

吸盤の強力さ、適度なジョイント角度と可動範囲。

アームが1本で、プレート一体型。

画面やサイドボタンを遮らない。

なんといってもすばらしいのは、スマホを持った片手そのまま、脱着できる構造。

20110401_1_1_00120110401_1_1_002

 

でかいREGZAにハードシェルをつけてもまだ収まって大助かりだった。

20110401_1_1_004

 

奥行きもとらず、視界も遮らない。

夏場の駐車に必需品の、アルミ箔のサンシェードにも干渉しない。

20120306_008

 

ヤックのBLUETOOTHホルダをつけ、スマホ本体の落下防止と、

イヤホンマイクのスタンバイ。

20120306_1_1_1 

 

わき見せずにすばやくタッチ操作ができる。

繰り返しになるが、ワンタッチで脱着できる構造はすばらしい。

20110401_1_1_018

 

 

もうひとつのスマホ、IDEOSが画像処理が遅く、解像度も低かったため、

航空俯瞰画像を見たければ、REGZA PHONEを使っていた。

BLUETOOTHでカーオーディオか、イヤホンに接続してハンズフリー。

さらに、内蔵GPSを使い、ナビ運用も。

ただし、バッテリーをかなり食うので電源を接続しながら。

20110401_1_1_013

20110424_1_1_013

 

 

 

HUAWEI  U8150-B IDEOS

当初テザリング目的で 購入したが、

bmobileが低速化、Xi SIMも使用不可となったため、

root化して、普段は休眠中。

 

先日の能登半島の旅では、

チャージなしのタイSIMを挿入、日本国内でローミング運用。

SIMを入れれば、A-GPSで現在地をあるていど捕捉でき、GPSの補助になる。

この辺が、SIMモデルのメリット。

ipadも、ipodも、SIMなしモデルではGPSしか位置捕捉できるものがない。

で、無線LAN運用で海岸線俯瞰モニタで使用。

20120114_1094

 

ホルダは、これも汎用の輸入品で、5ドルしなかったような。

CELLULERで売られていた当時は入手困難だったが、

いまでは上海問屋でも買える。

回転、台座からのフレキシブルジョイント、たためばコンパクト。

向けられない方向はない。

ヤックのホルダを接着、ハンドリンカーのカラビナを通し、落下防止に。

20120306_034

 

WBT-202という、GPSロガーをウインドウ下に置き、ログ取り。

同時にBLUETOOTHでNMEA信号を送信。

その名も「BLUETOOTH GPS」というアプリ

+擬似ロケーションONでスマホに接続し、GPS消費電力を節約。

20120306_011_1 

 

 

擬似ロケーションONは内蔵GPSの代わりに、

外部接続のGPS信号を読み込ませる機能。

 

擬似ロケーションを許可

オンにすると、携帯端末の内部ツールを使用するのではなく、

パソコン上の開発ツールを使用して、

携帯端末に偽の現在地を認識させることができます。

googleより

最近知ったのだが、この機能はBLUETOOTHのマルチペアリングが可能。

GPS NMEAを受信しながら、

同時にBLUETOOTHのイヤホンマイクも使える。

20120306_018

 

 

SAMSUNG Galaxy TAB SC-01C

ハンドル前、右方に固定。

ナビの実験や、高速道路の広域情報を見るのに使っていた。

20120504_1_1_1_002

 

しかし、IDEOSのテザリングでは低速すぎて画像がついていかない。

当時の実験画像、TABは画像が出ていない。

IDEOSはテザリング+自機でもナビ運用。

当時は、bmobile U300は、150kbsは出ていただろうか。

20110319_1_1_015

 

さらに、横向き運用では内蔵GPSが拾いにくい。

車載に使いにくいので最近はダッシュボードに入れて、

店舗情報やXPレーダの情報収集に使っている。

 

20120306_038

 

20120306_039

 

 

ホルダは、ipad用を流用。

20110408_1_1_001

 

ダッシュボードにプラスチック板を接着し、吸盤固定。

アームの構造がしょぼく、揺れるので見にくい。

まぁ、こいつをナビで使うことはあまりないだろう・・・。

20120306_037

 

高温で、円盤自体が湾曲。

下のハンドルカバー自体も変形しているだろうな・・・。

 

20120306_003

 

今は、もっぱら自宅で使用。

BUFFALOの折りたたみ式スタンドを使用。

こいつをクルマに応用できたら、

もう少し簡単に固定でき、出番が増えるかな・・・?

20110313_1_1_004

 

 

 

LG  XiモバイルWiFiルーター L-09C

20120127_009

 

最近のメイン通信手段であり、スマホの要。

ハンドル前方に、NOKIAのホルダで固定。

これもワンタッチ。 

20120306_036

20120306_025_1

 

 

SAMSUNG Galaxy S2 SC-02C

先日、REGZA PHONE T-01Cをドナドナして、Galaxy S2に機種変。

ようやく、第2世代に切り替えが終わった。

 

問題は、S2のホルダ。

最初は、NOKIA CR-115のアーム部分のシリコンを削り、なんとか固定できていたが、

バスタブバッテリーに換えたため、分厚くなり入らなくなった。

20120306_008_1 

20120306_009 

 

当初は、センターメータ前に仮固定していたのだが、脱着が面倒だ。

20120306_034_1

 

 

で、新しいホルダを探した。

1年ぶりに研究したが、ホルダ界はあまり進化していない。

バスタブの厚さに対応でき、固定の頑丈さ、吸盤の強力さを考慮。

洗濯ばさみ式にした。

20120306_002

 

AMAZONのレビューでは、ジョイント部分の弱さが指摘されていたが、

駄目だったら返品ということでぽち。

20120306_004

 

ウリは、洗濯はさみの強力さと、吸盤の材質。

シリコンでガラス以外にも強力固定だと。

20120306_013

うん、いい感じ。

20120306_040

20120306_041

 

Google EARTHを。

横向きだが、BLUETOOTH擬似ロケーションのNMEA運用でスムースに動く。

20120306_031

 

奥行きを心配したが、

若干の圧迫感はあるが、支障なしだろう。

20120306_030

 

BLUETOOTHでカーオーディオか、イヤホンに接続してハンズフリー。

余談だが、T-01CからSC-02Cに換えて痛感したのは、

BLUETOOTHや、無線LANにつながる速度が速い。

T-01Cでは、カーオーディオのCD-BTB10にペアリングする際、

1回1回パスキー「0000」入力をしなければいけなかったのが、

SC-02Cでは、とりあえず手動接続すれば、1回でつながるようになった。

イヤホンマイクは、クルマから離れると自動電源OFF。

乗り込むときに、イヤホンマイクの電源をONで自動ペアリング。

ホルダに固定する際についでに入れればいい。

こうなると、どうしてもCD-BTB10の出番が減るなぁ。

ハンドルリモコン使えて便利でいいんだが。

 

完成。

20120306_025 20120306_029        

 

 

VOIP電話のBLUETOOTH対応に期待。

20120306_100



ナビのGPSの補足が悪くなっている。
対策にまた試行錯誤か。。。
関連記事

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://transalp.blog68.fc2.com/tb.php/385-012a1862

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

リンク

プロフィール

Nakaji PC

Author:Nakaji PC
過去の旅行記も
順次更新していきます。

Twitter発信中。

@transalp_nakaji

CalendArchive

全記事表示リンク

最新記事

カテゴリ

最新コメント

QRコード

QRコード

FC2カウンター

メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter表示プラグイン

検索フォーム