FC2ブログ

拝啓、空の下より

 X-TRAIL、TRANSALPにて日本全国を巡っています。その日常記。

EOSハンドストラップ加工自作

EOS50Dでハンドストラップ「E1」を使う際必須だった、バッテリーグリップ「BG-E2N」。

リチウムイオン電池2個、あるいは単三電池を使用できる。

 

加わる機能は、

(1)縦位置シャッターボタン

(2)メイン電子ダイヤル

(3)AEロック/FEロックボタン/インデックス/縮小ボタン

(4)AFフレーム選択/拡大ボタン

(5)縦位置操作部材ON/OFFスイッチ 等が装備され、

多機能の50Dをより使いやすくする最強のオプションである。

 

厳冬期等、重宝するに決まっているのだが、軽快さを欠いていたし、なにしろ重い。

 

20090616_001 20090616_002

 

 

昔、フィルム一眼レフ EOS10QDにもハンドグリップ「GR-60」を装着し、

ハンドストラップ「E1」を使用していたので、

EOS50D購入にはバッテリーグリップ「BG-E2N」が必須だったのだが、

ふと「GR-60」を眺めていて、

加工したらEOS50Dにもつくんじゃないかと思い始めた。

 

20090616_003 20090616_004

 

 

10年位放置していたものだから、ベースプレートの塗装の下のさびがひどい。

サンドペーパで削り取り、鉄粉を洗い流し、ずれ防止のピンをペンチで引きちぎった。

最後はプラスチックをEOS50Dの底辺に合うように加工し、装着。

構想1ヶ月、実行1時間。見事ボルトオン。

 

20090616_005 20090616_006

 

 

端っこの曲線に合うよう、何度も削った。

EOS10QDと共用するため、あえて切断しない。

三脚用の穴にねじで止め、三脚もさらに使える。

三脚にワンタッチで装着できる、HAKUBAのクイックシューを装着している。

 

20090616_007

 

バッテリーを入れ替える際は外す必要があるし、

EOS50Dの底辺の60%くらいの幅しかないが、しっかりとついている。

これでLowerproのズームバッグにも入るし、何より軽い。

費用0円にしては大満足。

 

 

しかし、装着してから気づいたが、重量バランスが狂った。

バッテリーグリップ「BG-E2N」をつけていてこそ、大口径レンズがしっくりくる。

このような純正オプションは、よく考えて作ってあるなぁ、と思った。

 

 EOS10QDの記事を見つけた。

また機会があれば、EOS10QDの思い出も書きたい。

関連記事

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://transalp.blog68.fc2.com/tb.php/18-aba1b945

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

リンク

プロフィール

Nakaji PC

Author:Nakaji PC
過去の旅行記も
順次更新していきます。

Twitter発信中。

@transalp_nakaji

CalendArchive

全記事表示リンク

最新記事

カテゴリ

最新コメント

QRコード

QRコード

FC2カウンター

メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter表示プラグイン

検索フォーム