拝啓、空の下より

Category : グルメ

長崎ちゃんぽん 十鉄

開店しては消え、他店舗が入れ替わっては閉店の繰り返しの立地があった。

たまたま、夕食に困っていて、通りがかりで確かちゃんぽんだよな、と行ってみた。

 

長崎ちゃんぽん十鉄。

2月までは、セルフうどんの穂の川製麺だったが、どう変わったか。

20150615_c_008

北摂のラーメン屋2軒。

ラーメン屋にフラレてばかりである。

知人来阪時は遠隔地の名店を2軒狙ったが、

1軒は不定休で現地玉砕。

1軒は定休日。

 

嫁と、新規開拓にと、気になっていた2軒を巡ってみた。

20150421_h_006

いかなごのくぎ煮

長らく寒い冬が続いたが、

今年も大阪湾でいかなご漁解禁のニュースが流れた。

 

関西では、いかなごのくぎ煮が家庭の味だ。

新鮮ないかなごを、しょうゆ、みりん、ざら目砂糖、生姜、酒で炊く。

古釘に似ていることから、くぎ煮と呼ばれる。

 

明石では誰でも作るものらしい。

明石の市場、魚ん棚には主婦がタッパーを手に、

朝水揚げされたばかりのいかなごを求めて行列を作る。

 

大阪でも朝獲れのいかなごを売り始めたので、

妻がくぎ煮を作った。

ご飯がいくらでも食べられる。

あてにも最高。

20120303_001

京都の老舗食堂

盆前の墓参。

 

いつも行っている中華料理屋と、

いつも行ってみたかった食堂に行ってみた。

中華料理屋はいつもの白雲。

食堂はてしま。

 

 

共に、京都市の北大路近くの住宅街にある。

近くには、京都で超・有名な洋食屋「はせがわ」があり、

ここまで来たらみんな、そっちに行ってしまうだろう。

 

20110721_004

 

20110721_005

 

20110721_011

 

 

 

あんかけうどんの「たぬき」。

生姜がピリッと効いて、むちゃくちゃ旨い。

激汗で完食。

 

20110721_007

 

 

 

昔は、このような古き良き時代の食堂がどこにでもあったのだがなぁ。

 

20110721_008

 

20110721_009

 

20110721_010

 

 

 

白雲は中華料理屋。

グルメ本には決して載らない、懐かしい味の中華料理屋だ。

大将が高齢でどうなることかと思ったが、

息子さんと大女将で相変わらず営業、嬉しい限りだ。

 

20110721_001

 

 

 

長刀鉾のちまき。

 

 20110721_002 

      

20110721_012

 

 20110721_014

 

 

あんかけかた焼きそばの「やきそば」。

しゃきしゃき野菜となんとも言えない味付けと、

風味のある太硬麺がたまらない。

 

 20110721_016

あづみ野の朝

長野県安曇野市に素敵なパン屋を見つけた。

その名も、「あづみ野の朝」。

食べログでも高評価だったので、

信州に行くと決めたときからここはメインの目的地の1つだった。

 

20110514_0044

 

 

20110514_0042

 

 

 

 

北アルプスを望む、安曇野市郊外の県道沿いにぽつんとたっている。

 

20110514_0024 20110514_0027  20110514_0043

 

20110514_0051

 

20110514_0052

 

 

木々が植えられ、やわらかい木漏れ日が店内に差し込む。

 

20110514_0053

 

 

ハード系のおいしそうなパンが沢山並ぶ。

 

20110514_0046

 

20110514_0047

 

 

 

こいつは、晩飯に決定(笑

 

 20110514_0045   20110514_0048 20110514_0049 20110514_0050

 

 

 

 

買った、食った、3食分。(14日朝から16日朝まで7食パン食!

また行こうっと。

次は、店内で特製有機農法の野菜スープと一緒に頂きたい。

 

20110514_0242   20110514_0143 20110514_0144 20110514_0145 20110514_0146 20110514_0147 20110514_0241

 

 

20110514_0056

 

 

 

旅先で訪れたパン屋がおいしいと、

旅がとても豊かになる、そう思う。

 

20110514_0057

いかなごのくぎ煮

ここ数年、明石沖でのイカナゴの稚魚の不漁が続いた。

加わって、なかなか大阪府北部のスーパーの仕入れも少なく、

くぎ煮を作ったのは久しぶり。

 

 

 

朝、明石港に水揚げされ、即京阪神の主要な販売店に陸送される。

数年前はキロ1000円くらいだったのだが。

 

 20100307_001

 

 

さらっと水にさらす。

 

20100307_002

 

 

 

落し蓋をして炊く。

家中に醤油のふっくらとした匂いが広がる。

調味料の配合や、時間等々京阪神の各家庭にそれぞれのやり方がある。

子供心にも我が家の味があったなぁ。

 

20100307_003

 

 

出来上がり。

2キロも炊いた。

しばらく、ごはんの友として君臨しそうだ。

 

20100307_004

森のACHA

滋賀県、湖西地方。比良山を中心として、

京阪神からの移住者達が静かに暮らす別荘地が広がっていた。

最近の自然派ブームの中、

自然食を売り物にレストランやカフェ、パン屋、スイーツショップが相次いで開店している。

 

 Cafe & Gallery キマッシもそのひとつだ。

キマッシの場合、ラジオ局やSAVY等に繰り返し取り上げられ、

メジャーへの階段を着々と登っている。

そのうち並んでも入れないようになるくらいの勢いだという。

 

その一方、今回の森のACHAは食べログ等での評価はかなり高かった。

滋賀のフリーペーパーGOGUYで比良特集をやっていて、

森のACHAを紹介していたので、行ってみることにした。

 

20101229_02_03.jpg

 

 

 20101229_02_05.jpg

 

 

 

 

12月26日昼、予約をして訪れてみた。通常は金土日だけの営業。 20101225_1_001 20101225_1_018

 

20101225_1_106

 

20101225_1_105 

 

 

クリスマス明けの日曜昼だというのに、店内は貸切。

 20101225_1_014

 

予約をしていたので、暖炉を温めておいてくれた。

凄い、燃えている暖炉ってなかなか無い。そばに座ると、ポカポカしてくる。

20101225_1_007

 

 

  2階席へ。

20101225_1_032

 

奥はギャラリーになっている。

20101225_1_016

 

 

20101225_1_019

 

 

クリスマスならではのデコレーションがあちらこちらに。

20101225_1_017 20101225_1_027 20101225_1_030

 

 

階段を上がったすぐに、10人くらいまで座れるスペースがある。

通常はテーブルが2つ、今日は自動的に貸切のスペースとなる。

 

 20101225_1_012

 

座るとこんな感じ。

 

20101225_1_074

 

  ロフトスペースがある。

 

 

20101225_1_069

 

 

はしごをあがるとすぐ天窓。

 

 

20101225_1_081

 

 

比良山脈が見える。

 20101225_1_080

 

 

子どもが遊ぶのにぴったり。その間、おとなは食事をゆっくりできる。

20101225_1_073

 

 

 

HPや店頭のメニューにはない、お子様ランチ。

男の子には男の子のカップ、女の子にはお目目ぱっちりのカップ。細やかな気遣い。

 

20101225_1_037

20101225_1_034  20101225_1_033

 

森のACHAランチ。内容は週替わりだという。

20101225_1_045

 

ミートローフ。

 

20101225_1_060 20101225_1_058 20101225_1_059  

 

そば粉のデリクレープランチ。イタリアン風。

 

20101225_1_056

 

20101225_1_062

 

 

クロックムッシュ風。

20101225_1_066

 

TACOライス。

20101225_1_067 

 

 

これらランチには全てスープとパン、またはライスがつく。

そして、ドリンクとケーキ。お子様にはデザート。

1500円で食べきれないボリューム。気がつくと入店から2時間。

 

アイスコーヒとモンブランケーキ。

20101225_1_100

 

 

ケーキは、1階の販売用ショーケースから選べる。

値段を考えると凄いサービスだ。

 20101225_1_082

 

シュークリーム

 20101225_1_093

 

ショートケーキ

 

20101225_1_096 

 

ザッハトルテ

20101225_1_097

 

レアチーズケーキ

 20101225_1_098

 

 

シフォン。

 20101225_1_099 

 

 

木々に囲まれた静かな環境、細やかな気遣い、

値段に見合わない料理のクオリティ。

20101225_1_107

 

通うことになる、きっと。そんな素晴らしい店だった。

フリーマガジン GO GUY!

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

ブーランジェリー・フルール

たこフェリーのさよなら乗船で訪れた淡路島。

昔から、バイクやX-TRAILのオフ会で度々通っていたが、
あくまでツーリングコースであり、キャンプの足がかりであったので、
食処にはあまり関心がなかった。

ETC休日特別割引が始まって、
平日でも時間帯割引も適用されるようになったので、
以前よりも訪れることが多くなると、
昼飯に興味が移るようになった。

食べログを見ていると、東浦においしそうなパン屋があるのが目に止まった。
人気もそこそこ。
なぜ、東浦なのか?

淡路島では、明石海峡を高速船や高速バスで渡って神戸に通勤するのが当たり前なので、
道の駅・東浦ターミナルパークがいわゆるパークアンドライドの基地となっている。
マイカーでパン屋に立ち寄り、東浦ターミナルパークに駐車し、
バスで神戸に通勤通学。というパターンだろう。

20101112_010.jpg

20101112_011.jpg

20101112_012.jpg



いつも車中泊の朝はあらかじめ、
パン屋で買出しをしておくのだが、
今回は、ここに賭けることにした(大げさ)

食いっぱぐれたらコンビニがあるさと、
あまり期待しないで訪れた11月12日金曜日の朝7時半。
駐車場にクルマを停めると、
「あ、これは当たりかも」といういい匂いがあたり一面に漂っていた。
続々客が訪れ、ひっきりなしに駐車場のクルマが入れ替わる。

20101112_001.jpg

20101112_002.jpg

20101112_005.jpg

20101112_004.jpg

20101112_003.jpg


店内はパン工房の正面に、所狭しとパンが30種類くらい並んでいる。
地方の小さなパン屋としては異例の品揃え。
しかも、午前7時の開店30分後で、これである。
イートインでコーヒーを飲んでいると、
午前8時過ぎにさらにベーグルやバケットなど、次々に追加されていた。

20101112_015.jpg

20101112_016.jpg

20101112_017.jpg

20101112_018.jpg

20101112_019.jpg

20101112_020.jpg


11月12日のイートイン。
コーヒーは200円でおかわり自由。
インスタントかと思ったが、
一応レギュラー粉を蒸気で抽出しているようだ。

20101112_064.jpg


ホウレンソウとベーコンのクリームシチュー。
ベーコンが厚切でとても味が濃い。
温かいシチューがこぼれてきて、とても食べ応えがある。

20101112_066.jpg



クイニーアマン。
キャラメルアーモンドがクロワッサン生地のパンに盛られ、
中には煮りんごが。
ケーキ屋で売られていてもおかしくない、スイーツ・パン。

20101112_062.jpg


一方、モンブランとクロワッサン。
栗の香りが強い。
クロワッサンはバターの風味が強く、何個でも食べられる。

20101112_065.jpg

20101112_063.jpg


四国に旅立つ朝、時間帯割引の調整も兼ねて、
我慢できずに寄ってしまった、12月9日のイートイン。
フロマージュデニッシュとかつサンド。
フロマージュは、レアチーズケーキかという位、
チーズの風味が濃く、旨かった。

20101112_054.jpg



かつサンドは、できたてのサクサク感と、
厚切のトンカツ、キャベツが絶妙のバランス。
今まで食べたかつサンドでトップクラスだ。
土日は、ローストビーフサンドも登場するという。

20101112_056.jpg



12月9日のイートイン。
ハムチーズのサンドイッチと、クリームパンを選んでみた。
サンドイッチは、レタスの味の濃さにびっくりした。


20101112_055.jpg



クリームパンは、パン屋の定番。

20101112_058.jpg



クリームがたっぷり。
カスタードプリンを食べているかのような食感。
これも旨い。

20101112_057.jpg



昼食にと、きのこデニッシュを買い求めたが、
これでもか、これでもかと言うくらいのきのこの量。
ひとつで結構お腹にたまるボリューム。

20101112_061.jpg


このパン屋目当てに淡路島通いがしばらく続きそうだ。

回転すし 大起水産

奈良で大繁盛していた、大起水産。
水産会社直営の寿司屋として、奈良から大阪へ徐々に進出している。
評判もよく、一度行きたいと思っていたら、
たまに通る川西能勢口の交差点角に新規開店していた。
休日の土曜に行ってみた。



朝から土砂降りの土曜日、11時半。
ほぼ満席、食べている間に30分待ちくらいの行列に。

20100703_026.jpg

スタイルは回転すし。
いけすと、大型の冷蔵ケースが客の目の前にあり、
新鮮さをアピールしている。

20100703_006.jpg

20100703_020.jpg



時間的にネタが回る時間なので、
注文せずに流れてくるものを中心に食べてみる。

霜降りたこ+梅肉
新鮮、味が濃い。

20100703_008.jpg


天然ハマチ。

20100703_016.jpg



甘エビ。
太さ1センチくらいあり、濃厚。

20100703_013.jpg


おすすめメニューのいさき。
たんぱくで、旨い。

20100703_015.jpg


おすすめメニューの天然アジ。
これもいける。

20100703_019.jpg



ネタは、近海モノや、旬のものを揃え、
にぎり長次郎の新鮮さと、函館市場の手軽さを足して2で割った感じ。
独自調達の強みで、天然モノやまぐろ系が安い。

緑地公園に昔あった、魚屋直営の魚料理屋・西井水産を彷彿させる、
魚屋が隣に。
持ち帰りや、鮮魚が揃っていた。

20100703_027.jpg

リンク

プロフィール

Nakaji PC

Author:Nakaji PC
過去の旅行記も
順次更新していきます。

Twitter発信中。

@transalp_nakaji

CalendArchive

全記事表示リンク

最新記事

カテゴリ

最新コメント

QRコード

QRコード

FC2カウンター

メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter表示プラグイン

検索フォーム