拝啓、空の下より

Category : グッズ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルコールチェッカー FA-900

職場で、始業前にアルコールチェッカーをするようになって1年。

長期旅行の翌日など、深夜帰宅でビールを数本飲んで、

朝計測すると道交法に抵触しない範囲だが、

若干の数値が出ることがあった。

数回計測すると0になるので、ほんの微量なのだろうが、

精神衛生上よろしくないので、同じ機種を手に入れた。

もし、朝相当高い数値が出たら(出ないように飲まないのだが)、

当日休である(爆

 

そもそも、久里浜医療センターによれば、

アルコール分4%のビール500mlが

体内で分解されるのに約4時間かかるという。

つまり、純アルコール20mlで4時間。

通常、秋限定ビールの6%を2~3本飲むので、

夜21時から同等量を飲酒すれば、

翌朝9時までアルコール分は完全には分解されずに体内に残る計算となる。

深夜帰宅で、500mlと350mlを1本ずつ飲めば、

そりゃぁ朝まで残るということだ。

20141020_f_001

20141020_f_002

 

市販のストローをさせるようになっている。

職場等では衛生的だが、

自分で使う分には差し替える必要はない。

20141020_f_020

 

 

 

20141020_f_018

 

アルコール分6%の缶ビール2本飲んで、2時間後の数値。

これだと、酒気帯び運転の基準以下だ。

そんなすぐに分解される訳はないが、

目安として捉えることにしよう。

20141020_f_014

 

ちなみに、さらに2時間後、数値は0となっていた。

スポンサーサイト

泡仕込 クールビアジョッキ

長年使っていた、2重構造のビアジョッキから保冷剤が漏れ始めた。


2重構造のジョッキを冷凍庫で凍らせれば、冷たいビールがさらに冷え、


冬場は泡が凍るほどの威力。


夏場は、朝食でレギュラーコーヒをアイスコーヒにできるので重宝していた。



 



リサーチすると、最近は真空構造のダブルステンマグが多くて、


保冷構造の、かつシンプルデザインのジョッキは多くなかった。



同じものを検索していたら、東急ハンズで売っている、キャプテンスタッグの商品だと判明した。


休日、急遽江坂の東急ハンズに赴き、2個購入。


ポリカーボネイト構造なのが気になるが、


3日間の空白の後、何事もなかったのように再び夕食で冷たいビール。



20140806_awa_001.jpg

MT503J、遂に廃盤へ。

トレイルランニングという新しい分野を切り開いた、ニューバランスのMT503J。

MT503J_SG_U

 

 

過去、3足履き繋いだのだが、3足目に足を入れる頃、4足目の黒を購入しておいた。

靴の買い方

0.5センチ程小さかったのだがそれでもすんなりつま先が収まり、さて次は・・・と考えた。

調べてみると、MT503Jは遂に生産終了。

慌てて楽天を調べると、27センチが在庫僅少に。

さらに2足発注してしまった。

前回と同じ内容になってしまったが、現在履き始めたのが4足目、

5、6足目のストック確保。

決して安い靴ではないが、これ以上のモデルも見当たらないし、

探すのも面倒なのであと2年はこいつと日本全国を旅することに決定。

20140710_m_001

電子マネー、クレジットカード再編成

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

ETCカードの整理

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

携帯のストラップ考

以前、ガラスマのP-02Aの時代。

色々ごちゃごちゃ、ストラップをつけていたものだ。

 

・ひたちなか市中央研修所謹製「赤色灯型着信お知らせLED」

・大宮市鉄道博物館謹製「急行色キハ」

・LED内蔵ミニチョロQ「日産マーチ」

・大津市・カフェギャラリーキマッシの「おはじきストラップ」

・新名神開通記念グッズ「信楽IC携帯クリーナ」

・お月さんデザイン「T30」型ネームプレート

20120309_022

 

がらがら、ごちゃごちゃ、いつも音を立ててお供していた。

 

絶えず動き回る日常、作業でかがんだり、走り回ると携帯ごと地面に激突するので、

携帯初期にもらった金属製のクリップをストラップにつけて、

胸ポケットにとめておくのが常だった。

 

20120309_029 20120309_028

 

いつしかガラスマになり、ストラップ類は一旦、おとなしくなった。

 

見つけたのがハンドリンカー。

カラビナがネックストラップにワンタッチで脱着できる。

20120309_030

 

結構シンプルでお気に入り。

ポケットに入れる際はフック代わりになり、

日常では壁にかけておける。

20120309_008

 

手に持ったときは、指にも。

20120309_1_004

 

車載ホルダにスマホを固定したときは、

このカラビナががちゃがちゃうるさかった。

ふとつけたイヤホンホルダに偶然ぴったりで音ピタ。

脱落防止の一石二鳥で、ホルダの吸盤が弱る夏場も安心。

20120309_1_002 

20120309_1_003

 

問題は、値段と長さ。

1本1000円は、ちょっと・・・。結果オク狙い。

帯に短し、たすきに長し。もう少し長かったら・・・。

 

スマホのストラップホールは強度的にも、位置的にも中途半端。

T-01Cは金属製のホールが出ていたが、

海外端末はすべてプラスチックのフックに通す方式。

これでは重い端末の固定には少し不安が残る。

 

20120309_012

 

 

最近、「脱着」にこだわっているが(爆、

ついでに書くとカメラのストラップ「LOWEPRO」もワンタッチではずせる。

当初、肩から提げるときに少々不安があったが、不意に外れる気配はない。

さすがカメラバッグメーカ、よく考えてあるわ。

でも、確かハンドリンカーと大差ない値段。

20120309_025

 

コンデジのDMC-TZ20も、はずせるネックストラップに換えた。

これは100均だが。

20120309_027

 

 

知らぬ間に、脱着マニアなのかもしれない。

サングラス考

バイクに乗り始めた頃から、サングラスなるものをかけ始めた。

20120228_004

ヘルメットはずっとアライのSZという、ジェットヘルを使っていたが、

夜間走行が多かったのでクリアシールドを付け替えていた。

したがって、紫外線を遮り、遮光性が高いものを求めていた。

最初は、いつも使っているアウトドアメーカのmont-bellのスポーツサングラスを使っていた。

デザインは見た目も大事だが、まぶしがりの自分にとって、

目の周りをフルカバーする形状が気に入り、3モデル連続して買い換えた。

20120228_001

軽いハードケースもついていたので、普段使いのウエストポーチやリュックに固定して、

急にサングラスが必要となったときに予備サングラスとして活用していた。

 

 

傷だらけとなり、廃盤となった後に買い足したのがSWANSのガルウイング。

20120228_011

 

ツルのフィット感が抜群。

さらにキャンプやトレッキングで顔を上下に動かしたり、

風雨でも雨が吹き込まない形状のレンズを気に入り、

普段使い用のミラーレンズタイプと、

夜間・雨天時用のイエローレンズタイプの2つを併用していた。

 

20120228_010

20120228_050

 

 

妻はコンタクトレンズをしている関係上、

長らくサングラスはかけなかったのだが、

先日、スノーシューツアーで、

イエローレンズのサングラスではさすがに眩しかったらしく、

立ち寄ったユニクロでサングラスをひとつ買い求めた。

見ると、偏光タイプで1000円、ウイングタイプのレンズだったので、

駄目もとで自分も購入した。

 

20120228_006

 

 

意外と、これが見やすい。

偏光タイプは初めてだったが、対向車線の車内が丸見え。

さまざまなクルマの動きを事前に読むために、ぴったりだ。

欠点は、液晶画面が見にくく、さすが、偏光。

でも1000円だと十分なクオリティ。

 

 

先日不注意で、愛用していたmont-bellを壊してしまった。

恐らく15年は持ち歩いていたはず、かなりのショック。

持ち歩き用にガルウイングを格下げ、ユニクロがクルマでのメインに。

 

第4のガルウイングを品定めするとするか、

それとも遂にガラスレンズに手を出すか?

20120228_018

高圧洗浄機を使ってみた

ケルヒャーの高圧洗浄機を用意して望んだ2010年年末大掃除。

 

まず、自宅の玄関に高圧洗浄機を置き、

風呂場を徹底的に吹き飛ばした。

凄まじい爆音。

自宅浴室内で使うアホはそうそういないだろう(爆

 

続いて、実家の道路に面した壁。

築・数十年。吹付けの壁がひどく汚れてきたので、

毎年年末にホースの水圧で掃除してきたが、

綺麗になるのにも限界があった。

また、クソ寒い中で長時間の負担も大きかった。

 

高圧洗浄機を導入したはいいが、

まず身支度。

ゴーグルまで動員して、ゴーストバスターズみたい(爆

20101230_011

 

 

 

樹木が多いので、苔などの汚れがひどい。

20101230_001

 

 

 

奮闘2時間。

20101230_014

 

 

かなり綺麗になった。

20101230_016

 

 

階段もこのとおり。

欠点は、古いコンクリートゆえ、

表面がかなり剥がれた。

側溝は砂だらけ。

20101230_020

ケルヒャー 高圧洗浄機導入

昔から、ありがたいことに洗車環境には苦労していなかった。
未だに、有料の洗車場に行ったことがない。
実家では道路上で。
今は共同の無料洗車場を使え、勤務先でも洗える。
少なくとも現在の愛車はコイン洗車機すら通したことがなく、100%手洗いだ。

勤務先が高圧洗浄機を導入することになり、
総務課長に、にわか検索の知識で進言したら、
ホームセンターに行って、陳列している中で一番高いやつを買ってきた。

4万円するケルヒャーのK 3.91 MDを定価近くで。ひぇー、勿体無い!

20101220_205.jpg


ラッキー!(死語)と思いつつ、
社用車の洗車が楽になると思った。

試してみると、凄まじい威力。
バンパーモールの裏の汚れを押し出し、
ホイールのブレーキダストを剥がす。

しかし。
社用車のデカールを引きちぎるパワーの割に、
車体表面の薄い汚れが落ちにくく、結局洗剤とスポンジを使うハメに。

一方、洗車場のコンクリートに噴射すると色が変わる、
つまり表面の付着物が吹き飛ぶ。
それをヒントに、玄関の路面や壁の洗浄もしてみたが、
意外なところで1年雨風にさらされて苔だらけになった花壇のレンガや
3つ穴ブロックを新品同様にするのに非常に役に立った。
そういう使い方もあるんだ…。

毎年年末に大掃除をする助けに、と自宅用にも購入することにした。


価格帯やクラスなど、色々悩んだ末、最終候補。

リョービのAJP-1410SP
国産の信頼性と、14mの延長ホースが魅力。

20101220_202.jpg



ジャパネットたかたとケルヒャーのコラボモデル、JTK25。
4種類のノズルと、10mのホース。

20101220_200.jpg



ケルヒャーは、8mのホースながら、
水道ホース以外にため水が使える→非公表だがコンデンサモータ?という魅力と、
やはり使い慣れている会社。

20101220_204.jpg


エントリーモデルのK 2.360を選んだ。


ブラシモータだと、寿命が短そう。
コンデンサモータだと、200時間くらいはもつだろう。
1年に20時間×10年。
これ位もちゃぁいいか。

色々調べたが、高圧洗浄機に延長保証をかけている販売店は少ない。
唯一、エディオンが可能だったが、
会員利用料として年1000円の会費がかかる。

結局、1年保証のAMAZONでぽち。
さて楽しみでもあり、寒そうでもある。



追記

12月25日、試運転。
箱から出して組み立て。

20101226_001.jpg



内容物。
ハンドルとタイヤは自分で組み立てか。
したがって、箱には二度と入らないということか。

20101226_002.jpg


セッティング完了。
あとは水栓からと電源から延長してくるだけだ。

20101226_005.jpg


洗浄前のブロック塀。

20101226_006.jpg

さて、試運転開始。
会社のK3シリーズに比べ、モーター音は軽い感じ。

20101226_016.jpg

パワーはやはり控えめ、
しかしノズルで絵が書ける凄さ。

20101226_024.jpg


綺麗になった・・・かな?

20101225_100.jpg

20101225_101.jpg

靴の買い方

昔から、バイクやトレッキング用の靴を選ぶ際は
店で30分くらいは履いて、足になじませて確かめていた。
適当に選ぶと、足が痛くなり困る。
通販で買うなんてもってのほかだった。


普段履きは安けりゃなんでもいい。
ABCマートで5分くらい履いて選んでいた。
もともと足が幅広なので、
ニューバランスの2Eタイプを選んできた。



昨年夏から普段履きに、
ニューバランスのMT503Jを愛用している。
MT503Jは、トレイルランニングタイプという、
軽量・アウトドアソールのタイプ。

20100703_050.jpg

フィット感もクッション性もまずまずなので、
モデルチェンジしてなくならないうちにもう1足と思い、
暮れにネット通販で見てみると、
同じモデルがABCマートよりも2000円程安く出ていた。

履かずにネットで買うのはどうかと思ったが、
モデル、サイズが全く同じなので、ぽち。

そのうち履き替えるだろうと思い半年。
アウトドアソールは長持ちするもので、
まったく履き替えの必要がないまま、
押入れで塩漬けにしていた。


週末、ABCマートのセールで3990円で投げ売り。
1足目の購入時の半額に。

いよいよモデルチェンジかもしれないと、
結局、3足目を買ってしまった…。
今履いているMT503Jを会社靴に格下げ決定。

20100703_037.jpg




若干、デザインが改良されていた。
テープの幅や、縫製が変わっている。

20100703_042.jpg


ナイキ・Airのような、はっきりしたエアクッションはないが、
クッション性は問題なし。
若干の不整地でも、砂利道でもすべらないソールが楽だ。

20100703_200.jpg



通勤でグレーの新品、
会社ではグレーの旧品。
自宅押入れにはベージュのストック。
同じ靴3足の馬鹿げた靴話でした。

20100703_043.jpg

リンク

プロフィール

Nakaji PC

Author:Nakaji PC
過去の旅行記も
順次更新していきます。

Twitter発信中。

@transalp_nakaji

CalendArchive

全記事表示リンク

最新記事

カテゴリ

最新コメント

QRコード

QRコード

FC2カウンター

メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter表示プラグイン

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。